私たちの想い 品質への取り組み

品質管理室を中心に、徹底した品質管理に取り組んでいます

食の安全と安心を実現するため、全社の品質管理を牽引する
専門部署として品質管理室を設置しています。

品質管理室では検査や分析評価の機能を持つと共に、
外部検査機関とも連携し、原料からお客様のお手元に届くまで、
全てのプロセスにおいて一貫した品質管理体制を構築しています。

品質への取り組み

原材料安全性を徹底

乳製品や、フルーツなどの農産物を原材料として使用する前に、自社の品質基準をクリアしていることを確認しております。また、より安全な原料を入手するために、農場や酪農家を訪問して、現地確認も行っております。

コンプライアンス(法令遵守)の徹底

細菌検査や理化学検査、食感検査などの各種検査を自社の基準に基づいて実施し、すべての品質規格をクリアした安全な商品だけがお客様のお手元に届くように、製品だけではなく、流通・販売に至るまで、その品質を厳しく管理しています。

また、個包装フィルムや外箱への表示については、食品表示法、景品表示法、公正競争規約の他、各種ガイドラインなど守るべき法規制に適合しているか、不適切な表示がないか厳重にチェックしています。

自社分析と外部専門機関との連携

原料や商品については、関連法規よりも厳格な独自の規格に基づき、それぞれの安全性を確認しています。
合わせて、外部検査機関とも連携し、第三者による客観的分析評価をもって商品の安全性を確保しています。