私たちの想い おいしさを求めて

シュゼットでは、フランスのトップパティシエ クリストフ・フェルデール氏を招聘しての「テクニカル・アドバイザリー室」の設置や、
高い技術力と感性を持つ在籍パティシエ・パティシエールによる国内外のコンクール・コンテストへの挑戦など、
最高のおいしさを追求し皆様にお届けするために、様々な活動を行っています。

コンクール受賞歴

<その他の受賞歴>
  • 高市清次:「2015ジャパン・ケーキショー東京」第7部<味と技のピエスモンテ>銀賞受賞

テクニカル・アドバイザリー室の設置

当社は、“お菓子を通じてお客様の心をときめかせる”という目標の実践のため、2015年6月16日から商品開発の一環として「テクニカル・アドバイザリー室」を発足しました。フランス在住で23歳にして「オテル・ドゥ・クリヨン」のシェフパティシエになり、名実ともにフランスを代表するパティシエのひとりクリストフ・フェルデール氏をはじめ、お菓子作りのプロフェッショナル達により組織化されており、ケーキやデセールの開発はもとより、料理の分野にまで広がる商品開発を行っております。

このテクニカル・アドバイザリー室に開発スタッフも融合しながら活動をしており、当社のアンリ・シャルパンティエやシーキューブのお菓子に新たなエスプリが吹き込まれております。

クリストフ・フェルデール氏について

1966年フランス・アルザス生まれ。15歳より修業を始めて、美食の国・ルクセンブルクの大公御用達のパティスリー「オーバーヴァイス」、パリの「フォション」、三つ星レストラン「ギイ・サヴォア」と経験を積んだ後、わずか23歳にして、「オテル・ド・クリヨン」のシェフ・パティシエに抜てきされ、14年在籍。著書は30冊以上に及び、製菓レシピブックの分野においては、今やフランスのパティスリー界の第一人者として注目されている。

2002年アンリ・シャルパンティエのクリエイティブ・ディレクターに就任。ケーキの「パリ・コレクション」やデセールの「クレアシオン」など多くの作品を発表し、現在は、シュゼットの技術アドバイザーとして技術面での指導を担っている。2004年1月、芸術文化勲章騎士章をフランス共和国文化省より受章。

2009年8月、国家功労章騎士章をフランス共和国政府より受章。

クリストフ・フェルデール氏