ONE DAY【セールスマネージャーの1日】

ONE DAY【セールスマネージャーの1日】
ONE DAY【セールスマネージャーの1日】

店舗営業

まずは、シュゼットの最前線であるお客様に接する店舗で販売・店舗運営を担うセールスアシスタントからスタートし、経験を積んでいただきます。シュゼットの特徴は、各店舗がひとつの会社のような存在であること。店舗ごとに裁量を持たせ、損益を管理し、各店舗の店舗営業が責任を持って運営していきます。セールスマネジャーにステップアップすれば、接客、販売、スタッフの教育といった、いわゆる「店長」のような役割だけでなく、経営者の目線に立って数字を管理し、売上を拡大していくことが求められます。また、販路の拡大や開拓が各店舗のセールスマネジャーに委ねられているのも大きな特徴です。店頭での受け身の販売だけでなく、制服からスーツに着替えて店舗を飛び出し、企業や各種法人・団体などに対してシュゼットの商品の提案をお任せします。

9:00

開店準備・ディスプレイ
まずは1日のスケジュールや連絡事項をスタッフと共有。その後、ディスプレイや商品のチェックを行い、気持ちよくお客様をお迎えする準備をします。

11:00

店頭での接客・アルバイトへの指導
店頭に立ち、お客様に商品の販売やご案内をします。また、アルバイトスタッフに接客方法や包装の仕方などを指導。商品の情報だけでなく商品に込められた想いなども伝えることで、シュゼットの伝道師へと育てます。

14:00

店舗を飛び出して、営業活動
スーツに着替え、法人のお客様と商談。今日は、ビジネスシーンでの手土産にシュゼットの商品を利用していただけるようラインナップやプランをご案内。見事、法人契約を結び、定期的に商品をオーダーしていただけることになりました。

17:00

売上や在庫の確認
1日に数回、売上や在庫の確認をします。商品ごと、時間帯ごと、パッケージごとなど、あらゆるデータを見て状況を把握。翌日以降の商品ラインナップや接客方法、ディスプレイに活かします。このサイクルを繰り返すことで、経営者の目線や感覚を養っていきます。