シュゼットのCSR 被災地支援活動

兵庫県芦屋市に本店を構えるアンリ・シャルパンティエは、
阪神・淡路大震災で大きな被害を受けましたが、
多くの方々のご協力で早期再開を果たせました。
その際、被災者の方々がいかにお菓子のある生活を待ち望んでいたか、
いかにお菓子が笑顔と幸せを与える力を持っているかを、
改めて心に刻みました。

2012年4月より株式会社シュゼットでは、このような経験を糧に、
お菓子を通じて東日本大震災からの復興をお手伝いをしたい想いから、
特別仕様品「Smile for TOHOKU from ASHIYA」を
アンリ・シャルパンティエで販売し、
東北地方に笑顔をお届けするプロジェクトを行っています。

被災地支援活動
アンリ・シャルパンティエ Smile for TOHOKU from ASHIYA プロジェクト

お菓子でもっと笑顔を届けたい。 Smile for TOHOKU from ASHIYA プロジェクト アンリ・シャルパンティエ
Smile for TOHOKU from ASHIYA プロジェクト

このプロジェクトでは、あえてお菓子を1個減らし、お客様にご了解をいただいた上で通常価格にて販売し、その1個分の材料・資材等の費用にあたる金額を、ご購入のお客様からの募金としお預かりいたします。
頂いた募金金額と同額をアンリ・シャルパンティエからもお出しし、NPO法人「ソウル オブ 東北」および公益社団法人「日本国際民間協力会(NICCO/ニッコー)」に寄付し、これら団体が取り組む復興支援活動に役立てて頂いております。
今後もお菓子を通して「東北に笑顔をお届けしたい」という想いを広げてまいります。

“Smile for TOHOKU from ASHIYA” 特集ページへ(「アンリ・シャルパンティエ」ブランドサイトへ)


これまでの寄付総額:23,819,452円(2017年8月現在)

Smile for TOHOKU from ASHIYA プロジェクトの寄付金活用結果をご覧いただけます。

主な活動紹介